誰でも成績アップ。高校生向けの化学の勉強法を詳しく解説

高校生の化学の勉強法カリキュラム

高校化学の勉強、どう手をつけていいか分からないなあ

なんかこう、筋道みたいなものを教えて欲しい!

こんな悩みに答えていきます。

大学受験において、化学はとても重要な科目であるにも関わらず、苦手意識を持っている受験生も多いはず。

教科書でなんとなく理解をしていても、計算が複雑になったりちょっとヒネられると頭が真っ白になる。

僕が塾講師・家庭教師をしていた時にも化学が苦手な子がいましたが、僕が筋道を立てて教えてあげたら成績はぐんぐん上昇。

志望校に合格を果たしました!

今回は、高校生の化学の勉強法について、以下の項目に分けて紹介していきます。

  1. 前提知識:高校化学の性質
  2. 高校化学を勉強するスケジュール
  3. 問題集の使い方

この記事を読めば、苦手だった化学に光が見え、成績アップや大学合格に近づけるはず。

それでは、解説していきます。

前提知識:高校化学の性質

化学の勉強方法

勉強法を知る前に、高校化学の性質をしっかり把握しておきましょう。

  • 理論・無機・有機の3つの柱がある
  • 高校化学は意外と暗記が多い
  • 初心者の独学は諦めろ!

理論・無機・有機の3つの柱がある

理論・無機・有機

高校化学は理論・無機・有機(高分子含む)の3分野に分けられます。

それぞれ別々の単元として学習しますが、無機有機は理論化学をベースにしていると思ってください。

つまり、勉強の順番としては以下のようになるんです。

  1. 理論化学の基礎を完璧にする
  2. 理論の応用・無機・有機を独立して勉強していく

理論化学の性質

理論化学は単元内でも深く関係しています。
下の3ステップで勉強を進めていきましょう。

  1. 暗記中心の単元(周期表など、覚えるしか無い分野)でしっかりと基礎固め。この基礎が無いと、高校化学は始まりません
  2. 「物質量(mol)計算」、「濃度計算」、「化学反応式の量計算」の概念を完璧に理解する
  3. 熱化学等、残りの単元を勉強する

高校化学が苦手な人は「ステップ2」でつまづいている場合がほとんど。

繰り返し演習をして完璧に理解するまでは、ステップ3や無機有機に進むのはNGです!

化学のコツは「単位をしっかり書く」こと。
化学に限らず、理科では単位が計算のヒントになるので超重要。

テッド
テッド

理論化学は問題を読むと直感的に現象がイメージできる。
例えば、空気を圧縮すると温度が上がるなど。
直感的なイメージと、計算で出た現象を一致させるといいね。

無機化学の性質

無機化学はとにかく暗記。理系科目なのに、地理や歴史のようにほぼ暗記です。

勉強する順番は、正攻法に前から勉強していけばオーケー。
単語帳を勉強するように、復習重視で勉強していきましょう。

暗記が苦手な方は、下のような方法を試してください!
月並みな方法ですが、僕も現役の時にやってました。

  • 身の回りのモノと結びつける
  • 図説やYouTubeで反応の様子を見て、色や形で覚える
  • ゴロ合わせで覚える

有機化学の性質

有機化学は暗記と思考がバランスよく求められる分野。

苦手意識を持っている学生が多い割に、頻出分野なので差が出る単元です。

パズルのようなイメージを持ってください。
官能基等のパズルピースを覚えて、組み合わせて問題を解いていく感じ。

以下のように学習していきましょう!

  1. 基礎知識として、官能基や性質など、暗記するしかない事項を覚える
  2. 基礎問題をやってみて、基礎を完璧にする
  3. 応用問題をやって、解き方のパターンを覚えて考える力を鍛える

高校化学は意外と暗記が多い

高校化学は意外と暗記が多い科目です。

  • 理論 暗記:思考=3:7
  • 無機 暗記:思考=9:1
  • 有機 暗記:思考=6:4

僕の体感ですが、このくらいのイメージ。

大学の知識を使えば理論的に説明できることでも、高校化学ではそうはいかない。

「とにかく、こうなるから覚えてね!」ということが意外と多いんです。

高校化学(特に理論化学と無機化学)は比率計算と単純な暗記の繰り返し!

テッド
テッド

理系科目だから暗記は必要ないと思っちゃうと、努力の効率が悪くなる。
暗記という基礎の上に思考を積み立ててください!

初心者の独学は諦めろ!

ここでいう独学とは「先生につかず、自分の考えのみで問題集や参考書を駆使して勉強する」こととします。

塾なしは大丈夫ですが、学校の先生は頼りましょう。

たまに「化学は独学オーケー!」とかいう人いますが、信じないでください。

  • その人が元々、相当頭がいい
  • そして、独学できるなら、当記事にはたどり着かない

素直に独学は諦めて、分からない問題があったら尋ねるなどして先生に頼ってください。

独学するのは、基本ができてある程度得意分野になってからです。

高校化学を勉強するスケジュール

さて、具体的な化学の勉強スケジュールを紹介していきましょう。

何月から初めてもいいように、「何月はコレ!」とは書きません。
今日から始めてください(理想は3年の4月に勉強スタート)。

テッド
テッド

これは僕が推奨する勉強法だから、世間とは違ったものかも。
だけど、化学を理解して大学合格するというゴールは同じだから、有益なはず。

板書したノート・教科書を参考に問題集を進める(理論化学)

さあ、勉強するぞ!と意気込んで教科書を開くのは、実はNG。

教科書は高校生が覚える内容を無駄なく完璧に詰め込んであるので、遊びがなくてつまらないんです。

なので、僕のオススメ勉強法は以下のステップ。

  1. 問題集を解く
  2. 絶対に分からないので、教科書やノートでヒントとなる箇所を探す。答えを見て解答してもいい。
  3. 答え合わせ。間違っていたら、解答を理解してもう一度解く
    この時、調べたのに間違っていた原因も考える
  4. 数ページごとに復習しながら、同じように勉強していく

感覚としては、問題集という穴だらけのジグソーパズルを埋めていく感じ。

オススメの問題集は後述するので、気になる方は「オススメの問題集と使い方」の項目までジャンプしてくださいね。

下の順に勉強していってください。前のステップの考え方を完璧に理解したら、次のステップに進む!

  1. 暗記中心の単元
  2. 物質量(mol)などの計算中心の単元
  3. 熱化学など、残りの単元
テッド
テッド

中途半端なまま次のステップに進んでも、理解ができないので効率が悪い!

理論化学の応用・無機・有機を勉強し始める

次に、理論化学で難しめの問題をやったり、無機有機の勉強をし始めてください。

やる順番は自由でオーケー。
僕は素直に、理論→無機→有機の順番に完成させました。

簡単な問題集を終えましょう。

難しめの問題集をやる

次は、レベルを少し上げて難しめの問題集に取り掛かります。重要問題集などですね。

かなり分からないはずなので、落ち込まないように!

心が折れないように、なんとかやっていってください。

センター用の問題集を平行してやる

本番を意識した、センター試験用の問題集も平行してやりましょう。
それほど難しくないはず。

目的は、基礎がしっかり定着しているか確かめるため。
センター試験は基本的な問題を中心に出題されるので、知識の定着を確認するのにぴったりなんです。

“8割”取れるまで、何周もしたり復習したりしてください。

8割を取れるようになったら、基礎がしっかりしている証拠なので、センター問題集はもう十分でしょう。次に進みます。

テッド
テッド

旧帝国大学などの難関大を狙うなら、目標を9割以上にしましょう。

志望校の過去問とセンターの過去問をやる

次に志望校の過去問、いわゆる赤問とセンターの過去問を進めていきます。
現在の教育課程とズレていても、気にしないでやってください。

センターの過去問は8割取るのが目標ですが、簡単なはず。

ただ、赤問の1周目はおそらく3割くらいしかできないと思います。
間違ったところをしっかり解説を読み、理解して、もう一回解いてください。

「分からない」を潰していく感じです。

テッド
テッド

これで完璧。
問題集をどのレベルまでやるかを、志望校によって変えるだけかな。

オススメの高校化学の問題集と、その使い方

問題集と参考書

オススメの参考書は、偏差値50あたりまでは「はじめからていねいに
それ以降は「大学受験Doシリーズ」でいいでしょう。教科書も平行して使っていってください。

問題集は、偏差値50あたりまでは学校指定の問題集でオーケー。なんでもいいです。
それ以降は「化学重要問題集」で完璧。

重要問題集は「A問題を完璧にする→B問題を取り掛かる」としてください。
B問題は難関大レベルの問題なので、結構難しいです。

センター対策の問題集は、正直どれでもいいので数をこなすことが大切ですね。

オススメの問題集の使い方

問題集は何周も繰り返しやることを推奨しています。僕は最低5周はしてました。

「問題集を終わらせた=問題集の知識を全て吸収した」です。

1周目:教科書や参考書を見ながら基本問題を解く
2周目:基本問題と応用問題を解く
3周目:間違えた基本問題と応用問題を解く
4周目以降:間違えた問題を解く

正解した問題は○、間違えたり長く悩んだ問題は×をつける

要するに、全ての問題で○が2個つくまで勉強するってことです!

テッド
テッド

理想は、問題を見たら一瞬で解答方法が浮かぶぐらいやり込みたいね。

追加情報:YouTubeをうまく使え!

化学で最も面白いことは実験。

今の時代、YouTubeに高校生向けの実験動画が結構上がっているので、検索してみてください。

  • 文字でなく動画で覚えられるので印象に残りやすい
  • 色などの変化がイメージしやすい

こういった利点があるので、実験動画を超推奨します!

テッド
テッド

スマホが勉強の邪魔だからと封印しちゃうのはもったいないね。
上手にスマホを使っていこう!

まとめ:紹介した化学の勉強方法を試して、成績アップさせちゃってください!

高校生の化学の勉強法を解説してきました。

簡単にまとめますね。

  • 理論の基礎を完璧にしてから、無機有機に手を出す
  • 問題集は5周以上を推奨
  • 過去問も8割は取れるように繰り返しやる

高校化学の勉強方法が分からないと嘆いているあなた。

僕の受験生としての経験と6年間の塾・家庭教師経験を詰め込みました。

そして、最もハードルが高いのは「実行する」ということ。

早速、今から理論化学の基礎固めを始めてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました