“確実に”成績アップ。高校生が成績を上げるための4つの方法を紹介

"確実に"成績アップ。あなたの成績を上げるための4つの方法を紹介日常の勉強

成績を上げる方法はたったひとつ「勉強する」だけ。

とっても単純!

高校生
高校生

いや、勉強しても成績上がらないから困ってるんだけど・・・

そうですよね、「勉強しろ!」って言われただけではどうしていいか分からないですよね。

 

実は、勉強するには「勉強方法」が大切で、4つのポイントがあるんです。

勉強するときのポイント
  1. 基本問題を完璧にやる
  2. 勉強効率を意識する
  3. 自己流の勉強方法をやめる
  4. 言われたことを全力で行う

勉強するときは、この4つを意識してくださいね。

 

この4つを意識するだけで、以下のようなメリットがあります。

この記事を読むメリット
  • 効率がいい勉強で、無駄な努力をしなくて済む
  • ライバルより成績の上がり方が大きい
  • 勉強に対しての不安がなくなる

メリットだらけで最高!

 

この記事を読んで実行すれば、とてもシンプルに効果を言うと「成績を上げられます」!

それでは、解説していきます。

基本問題を完璧にやる

成績を上げる方法

まず、基本的な問題は完璧にやりましょう。

なんでもそうなのですが、成績を上げるには基本が最も大切。

応用問題は、基本が完璧になるまでは捨てていいってくらい!

 

ここで、バスケ界のレジェンド、マイケルジョーダンの言葉を紹介しましょう。

新しいことにぶつかっても、基本を身につけていたので、すべてを理解することができた。

マイケルジョーダン(バスケットボール選手)

伝説級にトップなバスケ選手も、基本を非常に大切にしています。

ジョーダンだけじゃなく、基本を疎かにしている選手は一人もいません。

基本が最も大切だということが、分かっていただけたと思います!

 

勉強で周りについていけないって方も、基本問題だけ取れば平均点が取れるというパターンが多いです。

下の記事では、勉強で周りについていけない原因と、対処方法を詳しく説明しています。

勉強効率を意識する

成績を上げる方法

勉強は「勉強量 × 勉強効率」で表せます。

勉強量をガンガン増やせば成果は出るのですが、大変ですし、そんなことはしたくないですよね。

テッド
テッド

勉強量をひたすら増やす方法は、俗に言う、ガリ勉ってやつ。
できれば楽して成績あげたいよね

と言うわけで、勉強効率を上げていきましょう。

 

効率を上げるって言うと難しそうですが、意外と簡単で、「ギャンブル的な要素」を無くせばいいんです。

  • 簡単な問題は落とさないようにする
  • 暗記問題は全部正解する

 

簡単な基本問題って絶対ありますよね。確実に取りましょう。

そして、暗記問題は勉強すればするだけ得点になるので、狙い目。

 

これらを行うだけで、点数が安定して獲得できるようになります。

効率よくテストの点を取る方法をもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を見てください。

自己流の勉強方法をやめる

成績を上げる方法

自己流で編み出した勉強方法、今すぐやめましょう!

頑張っているから、いつか成績が上がるはず!という希望は捨てちゃおう。

上がらないので・・・。

 

自己流ってのはとっても危険。

その理由は、自分で生み出したものっていうのは愛着が湧いてすごく価値のあるものだと思ってしまうんです。

 

記憶に定着していないのに、参考書や問題集を終わらせるなどをしてしまいます。

僕の家庭教師の生徒でも、以下のような人がいました。

高校生
高校生

問題集を1周終わらせて、はいおしまい!完璧!

もちろん、問題集からランダムに問題を出すと、ボロボロです。半分もできない。

 

正しい勉強法とダメな例を以下の記事にまとめたので、読んでみてください。

言われたことを全力で行う

成績を上げる方法

自己流を捨てた後は、先生などに言われたことを全力で行いましょう。

自分の意見なんて入る隙間のないくらい、盲目に信じるんです。

 

なぜなら、先生は勉強・受験のプロだから。

餅は餅屋ってことで、勉強方法や方針のことはプロに任せて、高校生はひたすら勉強をするのが正しいです。

自分にはもっと合う勉強方法がある!なんて思ってはいけません。

 

以下はスペインの世界的に有名な画家、サルバドール・ダリの言葉です。

「何もまねしたくないなんて言っている人間は、何も作れない」

サルバドール・ダリ(画家)

画家という個性が試される職業でも、真似、つまり他人のやり方をパクっているんです。

あなたも、先生のやり方をパクってみる価値はありそうですね。

 

勉強法で悩む時間も、そのまま勉強時間にできるのでライバルよりも有利。

信じるってことは、良いことづくめです。

 

先生をまだ信じきれない方は、以下の記事を読めば、プロに任せるということの絶大な効果がわかります。

成績が上がらない自分を責めないようにしましょう

成績が上がらない

成績が上がらない生徒にありがちなんですけど、下のように思ってしまうんです。

高校生
高校生

私は勉強の才能がない。

努力しても無駄。もうやめたい。

全然そんなことないですよ!

勉強法を変えれば、すぐに成績が上がって目標も達成できます。

ネガティブな気持ちで勉強していても、絶対に成果に結びつきません。

 

あなたを救う考え方を2つ紹介しますね。

  • 勉強して知識が減るわけない
  • 夜寝る前に、自分を褒める

 

勉強してるのに知識が減るなんてありえない

勉強をして知識が減るなんてありえないんです。

成績は相対評価なので、周りも頑張っていれば、成績は変わらないように見えている。

 

努力はしているけど成績が上がらないということは、少し勉強方法がズレているだけ。

ちょっとその方向性を修正してやれば・・・確実に成績は上がります。

 

あなたは努力できる人なので、塾や家庭教師の先生からすると「美味しい」生徒なんです。

すぐ成績上がるので。

テッド
テッド

努力できない生徒が一番厄介。
性格から変えなきゃいけない。

夜寝る前に、自分を褒める

夜寝る前に、自分を褒めてあげてください

  • 数学は二次関数ができるようになったぞ
  • 江戸時代を一通りおさらいしたぞ
  • 力学が結構わかるようになってきたぞ
  • 英語の仮定法を覚えたぞ

 

頑張りが成績にうまく結びついていないのは事実ですが、頑張っていることも事実。

「今日の頑張りで、これだけできるようになりました!」という意識を持ってベッドで横になってください。

なんなら、ノートに「今日の成長」というページを作って書き出してももいいですね。

 

自分くらいは、自分を褒めてあげてくださいね。

まとめ:勉強しているのに成績が上がらないなら、4つの考え方を実践しよう

成績を上げる方法

成績を上げる方法を改めてまとめますね。

まとめ
  1. 基本問題を完璧にやり、点数を安定させる
  2. 楽に成績が上げるために、勉強効率を意識する
  3. 自己流の勉強方法をやめ、不安を捨てる
  4. プロの言うことを全力で行う

成績を上げるってのは、正しい勉強さえすれば難しいことじゃないんです。

出来るだけ楽に成績をあげて、目標達成や大学合格を目指してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました