勉強やめたい!紙とペンだけであなたを前向きにする方法を紹介します

勉強をやめたい日常の勉強
  • 分からなすぎて、勉強やめたい・・・
  • でも、本当にやめたらダメなのは分かってる

こんな悩みに応えていきます。

 

テスト勉強してて分からない問題にぶち当たると「あー、もう勉強やめたい!」ってなりますよね。

誰だってそうだし、もう大人の僕もよく投げ出したくなります。

でも、本当に勉強をやめるわけにはいかないんですよね。

それもみんな分かっているはず。

 

今回は勉強をやめたいけどなんとか続ける方法を伝授します。

勉強を続ける方法とは・・・「未来」を見ることです。

勉強が分からないのは仕方ないので置いといて、「未来」を見れば、もうちょっと頑張ろうかなって気分になれます。

僕は未来を見ることで、なんとか自分を奮い立たせてテスト勉強をしていました。

テッド
テッド

大人になった今でも、未来のない努力なんてやってられない!

 

これから、未来を見るとはどういうことなのかを解説していきます。

この記事を読むメリット
  • 辛いテスト勉強を乗り切るメンタルを獲得できる!
  • 悩んでいる時間を無駄にしないで済む

この記事を読めば、テストまでの限られた時間を無駄なく使うことができて、いい結果が出せるはず。

それでは、解説していきます。

勉強をやめたくなったら、未来を紙に書き出そう

勉強やりたくない

勉強をやめたくなる理由はたったひとつで「未来」が見えないからです。

今頑張ったらどうなるかを考えないと、勉強なんて面倒なことやってられない!

 

なので、勉強をやめたくなったら「未来」を考えましょう。

紙に書き出して見える形にするともっといいですね。

 

今、頑張って勉強を続けたら何が手に入りますか?

勉強をしたら手に入るもの
  • テストで高得点が取れて気分がいい
  • 順位で争っている友人に勝てる
  • 親からお小遣いがもらえるかもしれない

もし勉強をやめると・・・全部無くなります!

  • テストでヒドい点数を取ってしまう
  • 順位で争っている友人に負ける
  • お小遣いは絶対にもらえない

こうなります。

無くなってもいいなら、勉強やめましょう。

失いたくない!と思う人は、勉強続けてください!

テッド
テッド

人間は「失う」というのが怖い生き物。
「得」より「失う」に注目してみよう!

思い切って休むのは、悪いことではない

勉強をやめたい

でも、本当に精神的に追い込まれたら、全てを投げ出して休みたくなるもの。

思い切って勉強をやめるのも悪いことではありません。

 

ただ、一度スイッチをOFFにしてしまうと、再び勉強を始めるのが大変。

なので僕は、スイッチを「弱」にすることを推奨しています。

 

とはいえ、休み中も単語帳を見ろと言っているわけではありません。

  • スマホってどうしてタッチで反応するんだろう?
  • テレビってどういう仕組みなんだろう?

こうやって、考えることをやめないことが大切。

 

逆に、勉強しているときもスイッチはONではなく「強」にしてください。

隙間時間をリラックスの時間に使ったり、適度な休憩を取りましょう。

人間はアクセル踏みっぱなしじゃオーバーヒートするようにできているんです。

「勉強やめたい」という悩みは高校生を成長させる

勉強をやめたい

勉強をやめたいけど、やらなくちゃいけないのは分かっている・・・。

そんな悩みや迷いは高校生を成長させてくれます。

 

悩みの原因ってなんでしょうか?

今回のケースでは、「苦労して勉強していい点数をとる自分」と「楽な方に進んで半端な点数をとる自分」とのギャップですね。

悩みっていうのは「理想と現実のギャップ」から来るもの。

ギャップをコツコツと埋めていけば、知らない間に理想の自分になっているというわけです。

 

テストを頑張れば次は受験、その次は大学のテスト、その次は就活・・・などと延々に続きます。

厳しいですが、悩みは一生なくならないんです。

理想の自分を目指して、目の前のギャップを埋めていきましょう!

テッド
テッド

大人になっても悩みは尽きないよ。
お金・人間関係・健康・・・、一生悩み続けるだろうなあ。

まとめ:勉強をやめたい人は「未来」を紙に書き出そう!

勉強をやめたい

記事の内容をまとめますね。

まとめ
  • 勉強を頑張ったら得られる未来を考えよう
  • 悩んでいる時間も、無駄ではありません

勉強やめたい、もういやだと感じているあなた。

大人になっても悩みは尽きません。

しかし、悩むことは悪いもんじゃないので、理想の自分に近づけるように頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました