【悲報】E判定での逆転合格は超厳しい。でも諦められない人に秘訣を教える

模試がE判定でも合格したい模試・受験
  • 勉強を頑張ってきたけど、どうしても模試でE判定から抜け出せない
  • 志望校を変えたくない。E判定でも逆転合格したい。

こんな悩みに答えていきます。

 

いくら頑張って勉強して自信をつけて模試に挑んでも、いつもE判定ばかり。

こんな経験ありませんか?

実は僕、現役で名古屋大学に合格したのですが、模試でE判定ばかり取っていました。

なので中々模試で結果が出ないあなたの不安、よくわかります。

 

しかし、僕は「E判定から誰でも逆転合格できる!」とは言いません。

11月・12月あたりの模試でE判定を取ったら、9割落ちると思っていいでしょう。

「判定はあてにならない」という言葉は、低い判定をとった合格確率が低い人がいう言葉です。

 

しかし、少しですが、E判定から逆転合格している人がいるのも事実。

今回は、わずかな可能性に賭けるあなたに向けて、模試で結果が出なくても逆転合格を目指す方法を解説します。

この記事を見れば、模試で中々結果が出ないあなたも、合格に一歩近づけるはず。

さて、解説していきます。

E判定から逆転合格は今のままでは無理。勉強方法を教えるよ。

高3が模試でE判定を出しても逆転合格する方法を教えます

模試でE判定だけど合格したい

前提として、11月あたりにE判定を取ってから逆転合格するのは厳しいことを覚えておいてください。

逆転合格を果たす人は限りなくD判定に近いE判定で、しかもボーダーギリギリの合格です。

テッド
テッド

ちなみに、A判定(合格率80%)の逆はE判定(合格率20%以下)ではなくD判定(合格率20%)。
A判定で落ちるより、E判定で受かる方がよっぽど厳しいね。

さて、解説していきます。

E判定でも受験に合格するには「志望校の試験の研究」が必須

まず、あなたの志望校の難易度はどのくらいでしょうか?

 

東大京大、医学部などの難関大だと、逆転の目は残されています。

それほどの上位大学を狙うということは基礎はできているはずなので、あとは勉強しまくって知識を繋げていくだけで、点数がガツンと上がる可能性があるのがその理由。

 

ただ、MARCHあたりの難易度でE判定を取っているなら、逆転合格は厳しい。

一番時間がかかる基礎固めができていないので、志望校を下げたほうがいいかも。

そして、国立より私立の方が逆転合格は起こりやすい。

国立はセンター試験やら二次試験やらで広範囲を勉強しなければいけないので対策しにくいです。

テッド
テッド

逆転合格しました!って人は、地方旧帝大か早慶以上が多いよね。
MARCHレベルの人はあまり見ない気がする・・・

そして、志望校に特化した勉強方法が必要。

まずは下の2つのことを説明していきます。

逆転合格のために覚えておくこと
  • ライバルの学力は大差ない
  • あなたが取るべきなのは満点ではなく合格点

模試でそれぞれA~E判定を取った人が、どのような行動を取るかを表にしたので見てください。

模試の判定どの大学を受ける?
A上のレベルの大学を受験
B上のレベルまたは同大学を受験
C同大学を受験
D同大学または下のレベルの大学を受験
E下のレベルの大学を受験

A判定とE判定の人は、あなたとは違う大学を受けるので無視しとけばいいです。

同大学を受けるB判定の人は、大部分が合格します。

C判定とD判定の一部は同大学を受験し、合格するか微妙なところ。

つまり、あなたのライバルはC判定とD判定の一部の人なので、実力に大差は無いんです。

A、B判定の人を相手にする必要がないという事実で、気持ちが少し楽になりますね。

 

そしてさらに、あなたが取るべき点数は満点ではなく合格点。

学力に大差ないグループから抜け出すには、志望校の試験の研究をして、確実に取る問題や捨てる問題などを決める「戦略」がキーになるんです。

 

長々と説明しましたが、次は具体的な研究方法を解説します。

具体的な志望校の研究方法

具体的な方法は以下の手順。

具体的な志望校の研究方法
  1. 赤本(過去問)をやり込む
  2. 出題傾向などを掴む
  3. 問題の予測や、戦略を考える

以上が正しい志望校の研究方法ですが、そんなことに時間を費やすなら勉強したいというのが正直なところ。

なので、塾や家庭教師、ネットを利用し尽くしましょう。

「戦略を考える」というのは他人に任せて、自分は「学力をつける」のが賢いですね。

テッド
テッド

過去問をやり込めば出題傾向など気がつくことが出てくるかも。
ちなみに僕は「あれ、名古屋大学って基礎的な問題ばかりでは?」と気がつきました。

ネットで確認したら、まさにその通りだったんです!

逆転合格には勉強の質・量・やる気を大切にする!

E判定から逆転合格

逆転合格のための勉強方法を解説していきます。

勉強の質・量・やる気を大切にしてください。

「質」をあげる

勉強の質を上げるには、とにかく言われたことを実直に行ってください。

今の時代、Youtubeやブログにいくらでも勉強方法が紹介されているので、どれかビビッときた人の言うことを全部信じて行いましょう。

あれもこれも・・・と情報収拾していると時間の無駄ですし、どれが正しいか分からなくなります。

どんな勉強法であろうと、勉強すれば知識はつきます!

テッド
テッド

効果のない勉強法はありません!
しのごの言わずに計画立てて勉強!

「量」を増やす

勉強量を増やすのは、特に対策は必要ありません。

量を増やしたところで勉強の理解度には関係ないですからね。

勉強時間や勉強量は目標として定めるものじゃなくて、本気になったら勝手に増えていくもの。

 

例えば、10時間やろう!って言って10時間勉強している人は、ちょっと心配。

努力した結果、10時間になりましたって人は、いいペース。

「やる気」を上げる

E判定を突きつけられている今、やる気を上げるのは非常に難しいですね。

コツは、なんのために勉強しているか意識すること。

何のために勉強している?
  • 志望校でやりたい勉強をするため
  • 親の期待に応えるため
  • 彼女にカッコつけるため

なんでもいいです。

何か強烈な大学に行きたい理由がないと、やる気を維持して勉強し続けるのは難しい。

こちらの記事も参考にしてみてください。ちょっと過激な方法を紹介しています。

E判定ばかり取ってしまう方によくされる質問

E判定からの逆転合格

よくある質問・注意点を解説していきます。

  • 1日10時間すれば合格できますか?
  • その人がたまたま上手くいったんじゃないの?自分にあった勉強法があるはず
  • お手本の勉強法を信じて勉強していて大丈夫ですか?不安です
  • E判定でも関係ないって話を聞いたことがあるけど・・・
  • 英語が苦手なんですけど、大丈夫ですか?
  • 高2でE判定。まだ希望ありますか?

お答えしていきます。

浪人したり、1日10時間勉強すれば合格できますか?

分かりません。

勉強時間は関係なくて、大切なのはその内容。

ただ、10時間くらいの勉強は必要かもしれませんね。

その人がたまたま上手くいったんじゃないの?自分にあった勉強法があるはず

自分にあった勉強法はあるかもしれませんが、11月から見つけ出すのは不可能です。

自分のやり方でE判定を脱出できていないのが現状なので、自分を捨てて他人の言うことを信じるほかありませんよ。

お手本の勉強法を信じて勉強していて大丈夫ですか?不安です

大丈夫です。

勉強はすぐに結果が出るわけではありません。

結果が出ないと、ついつい指導法の方を疑ってしまいますが、心配しなくてオーケー。

結果に一切結びつかない勉強方法なんてありません!

E判定でも関係ないって話を聞いたことがあるけど・・・

確かに模試の結果と受験の結果は関係ありません。

しかしそれは、「一喜一憂するなよ!」程度の意味なので「E判定でも大丈夫!諦めるな!特攻しろ!!」って意味ではありません。

今の実力では受かる望みは低いことを覚えておきましょう。

テッド
テッド

ちなみに、模試の受験生の半分程度がE判定になるとの説も。
模試の判定は当てにならないとも言えるけど、E判定なのも事実。
しっかりと受け止めよう。

英語が苦手な理系ですけど、大丈夫ですか?

理系で英語が苦手なのは致命的。

二次試験で、数学と理科はみんな結構できるので大きな差は生まれません。

英語でどこまで点数を伸ばせるかが、勝負の分かれ目になってきます。

単語帳やネクステを1冊丸暗記すれば、意外と長文も読めるようになるので、できるだけ早く対策を始めてください!

高2でE判定。まだ希望ありますか?

余裕で射程圏内でしょう。

まだ1年もありますし、十分に希望あります。

頑張って勉強していってください!

まとめ:E判定でも「志望校の試験の研究」で逆転の目はあるぞ

模試でE判定だけど合格したい

E判定からの逆転合格が厳しい理由と、下克上する方法が分かりましたか?

この記事でわかるのは以下の2つでした。

まとめ
  • 逆転合格には志望校の研究が必須
  • 質・量・やる気をMAXにしてギリギリ合格に滑り込もう

努力をしてもE判定から抜け出せないあなた。

合格の目はゼロとは言いません。少ない可能性にかけて突っ走るかどうかは、あなた次第。

僕は、決して悪い勝負ではないと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました