神頼みしろ!模試や受験で点数アップする方法を元・講師が解説します

模試の点数をアップさせる模試・受験
  • 模試や受験で点数をアップさせたい
  • でも、どう対策していいのかはよく分からない・・・

こんな悩みに応えていきます。

 

模試や受験の点数を上げたい。

高校生なら誰もが思うことですね。

でも、受験期は周りも一生懸命勉強しているので、ただがむしゃらに頑張るだけでは非常に厳しいのが現実です。

僕も、校内のテストの順位はまあまあ上がってきたけど、肝心の模試がいまひとつ伸びませんでした。

 

しかし、僕は6年間の塾講師・家庭教師を経験して思ったのですが、模試や受験の点数を上げるテクニックや心構えは存在します。

テクニックといえど大して難しいことではなく、誰でも実践できるようなこと。

ポイントは以下の4つ。

模試や受験の点数を上げる方法
  1. 周りの雰囲気に乗る
  2. 模試はすぐに見直しをする
  3. 模試の判定で一喜一憂しない
  4. 模試・受験に有効っぽいことはなんでも試してみる

今回は上記4つの「模試・受験の得点アップの方法」を皆様に伝授します。

この記事を読むメリット
  • 模試・受験の点数をアップさせられる
  • 模試を受験に有効活用できる

それでは、解説していきます。

周りの雰囲気に乗る

模試の点数をアップさせる

模試の点数を上げるには、勉強する雰囲気というのが非常に大切。

周りが一生懸命勉強を頑張っていると、自然と自分も勉強モードに入れます。

 

模試の点数が上がらなくて不安な方は、友人と励ましあってみてください。

「他人に対する言葉や言動は、自分に対するものでもある」

つまり、友人を「大丈夫、頑張れば結果が出るよ!」と励ます行為は、自分を励ます行為と直結しているということ。

言葉に出すことで、自分の不安も消しているんです。

 

周りが受験モードに入っていないんだけど・・・という方は、受験勉強を意識するのがちょっと早いのかも。

僕のオススメは「3年生の初め」か「3年生の夏休み」。

下の記事では受験の準備を始める時期として「3年生の初め」か「3年生の夏休み」を推す理由を詳しく説明した記事です。

周りがまだ本格的な受験モードに入っていない方は、読んでみてくださいね。

テッド
テッド

もちろん、あなたが周りを受験モードに引っ張っていくのもアリ。

周りが勉強してないから、自分もいいやっって思いはNG!

模試はすぐに見直しをする

模試の点数をアップさせる

学校でやらされるとは思いますが、模試の見直しはすぐにやりましょう。

人間って忘れっぽい生き物で、模試で落ち込んでも1, 2日経つとなんだかどうでも良くなってきます。

全ての問題を、できれば当日、遅くても2, 3日以内には解き直してみてくださいね。

 

また、模試の判定で一喜一憂しないことが大切。

A判定でも落ちる人、E判定でも受かる人が実際にいます。

模試の結果を見て、どう戦略を立てていくかがポイントなんです。

 

とはいえ、模試ができなかったら落ち込むのは当然。

そんなときにどう考えたらいいか、心構えを下の記事でまとめました。

志望校の問題の研究をする

模試の点数をアップさせる

大学入試には、大学ごとに「問題の傾向」というものがあって、しっかり対策することによって模試がE判定でも逆転することが可能です。

 

実際、僕がE判定から逆転合格した名古屋大学を例に説明しますね。

どの分野の問題も標準的な問題が多く、予備校のテキストなどを1冊何度もやり込むことが対策となる。過去問も時間の許す限りできるだけ多くの年度の問題を解いておいてほしい。

出典:wikibooks

名古屋大学は旧帝国大学のひとつでいわゆる難関校ですが、「標準的な問題」が多いです。

つまり、名古屋大学に合格するには「難問を解く能力ではなく、基本を確実に抑える学力」が必要というわけです。

僕はこれを利用して、とにかく基礎固めをして名古屋大学に合格することができました。

テッド
テッド

深い知識と考察力が必要な早稲田大学は落ちちゃいました。

受験は大学ごとに対策が必要ってことだね。

E判定から逆転するコツの「志望校の研究」を、下の記事で詳しく説明しました。

模試・受験に有効っぽいことはなんでも試してみる

模試の点数をアップさせる

受験にいい食べ物・神頼み・その他色々、有効っぽいことはなんでも試してみましょう。

思い込みの力ってのはかなり強くて、「プラシーボ効果」と名前がついているくらい。

 

「由緒正しい神社でお守りを買ったから、自分は合格できる!」といった神頼みでいいんです。

「このシャーペンを使うとテストで点が取れる気がする」という験担ぎでもオーケー。

効果を疑う前に、なんでもやってみるんです。

 

ラグビーの五郎丸選手がキックの前に同じポーズをするのも、野球のイチロー選手が毎朝同じものを食べるのも、験担ぎの一種ですね。

 

下の記事では、勉強にいい食べ物をまとめてみました。

勉強がはかどる!と思い込んで食べるとより効果がアップしますよ。

まとめ

模試の点数をアップさせる

この記事の内容をまとめます。

まとめ
  • 周囲に合わせて受験モードに入る
  • 模試を受験合格のためのツールとして利用する
  • 効果があると信じ、験担ぎをしてみる

模試の点数をあげて、受験に合格したいあなた。

がむしゃらに勉強しているだけでは、いい成果が出る希望は薄いでしょう。

模試も神頼みも有効利用してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました