勉強の習慣化のコツを教えます【ポイントは4つ】

勉強の習慣化のコツ習慣化したい

こんにちは、テッド(@studyted)です。

今回は下のような悩みに応えていきます。

  • 勉強がどうしても習慣化できない
  • 勉強の必要性は感じでいるけど、3日続けばいい方

勉強を習慣化できたら最強だと思いませんか?

  • お金の勉強をすれば、生活に余裕が出る
  • 資格の勉強をすれば、キャリアアップや理想の仕事に就くける
  • 英語の勉強をすれば、英語の情報を受け取って知見が広がる

こんなメリットがあります。

しかし、こんなことは言われなくても分かっていて、その勉強の習慣化ができないから、あなたも困っているんですよね。

ランニングも、ジム通いも、勉強も続かない。

かつては僕もそうだったので、その気持ちはよく分かります。

ジムの年会費を数万円払って、結局数回しか行かなかったこともあります。

ただ、僕は勉強だけは割と継続できた方で、サラリーマンをやりながらお金や副業の勉強をして、ある程度資金を貯めて脱サラに踏み切りました。

今回はそんな僕が習慣化の方法について紹介します。

この記事を読めば、勉強はもとより様々なことを習慣化できて理想の自分に近づくはず。

ぜひ、参考にしてくださいね。

なお、継続のメリットについては下の記事にまとめました。ぜひ見て下さいね。

なぜ勉強は習慣化できないのか

勉強の習慣化ができない

まずは、なぜ勉強は習慣化できないのか考えてみましょう。

強制力があればいいんですけどね、自主的に行うものは中々習慣化できません。

会社から家に帰るのは脳死状態で可能なのが不思議。

僕は下の3つが原因だと思っています。

  • 脳が変化を拒んでいる
  • お金をかけるのは意味がない
  • 努力と根性は続かない

解説していきますね。

脳が変化を拒んでいる

人間の脳は変化を拒みます。

進学、就職、転職、結婚、離婚などなど…変化をあげればキリがないです。

習慣化にも言えることで、新たに勉強をする習慣をつけるのは非常にハードルが高いですね。

逆に、習慣化した楽しいゲームをやめることもハードルが高い。

人間が変化を嫌う理由は「ホメオスタシス」にあります。

恒常性(こうじょうせい)ないしはホメオスタシスとは、生物および鉱物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向のことである。

引用:wikipedia

言葉自体はそれほど重要でもないので忘れてオーケー

とにかく、変化は「未知へ足を踏み入れる」ことなので多少なり危険があるものなんですね。

人間に備え付けられている「危険を回避するためのプログラム」のようなものが働くので、変化したくないというわけなんです。

じゃあどうすればいいのってなりますが、今は上の事実を知っておくだけでいい。

習慣化のコツはこの記事の後半で紹介します。

お金をかけるのは意味がない

習慣化するには初期投資をすれば、その投資を回収しようと頑張るはず!と聞きますが、本当でしょうか?

最もらしい理由ですが、僕はちょっと違うと思います。

もし初期投資を取り戻そうと頑張るなら…

  • ジムで月会費だけ払い続ける人はいない
  • 自己啓発系の本を買って行動しない人はいない
  • 楽器を挫折する人はいない

こうですよね。

なので、初期投資の金額はそんなに気にする必要はありません。

安くても高くても、変わらないでしょう。僕は初期投資は抑えたいと思いますが…

やる気を出すにはお金じゃ効果は薄いと、僕は思います。ぜひ下の記事をチェックして下さい。

努力と根性は続かない

今日から勉強頑張るぞ!では勉強は続きません。

物事を継続させるにはやる気の元になる脳内物質である「ドーパミン」が重要になってくるのですが、単なる決意では「アドレナリン」が放出されるのです。

それぞれの役割は以下の通り。

  • ドーパミン:報酬を得ることで分泌される。幸福を得ることができる。
  • アドレナリン:緊張・興奮状態の時に分泌される。疲れや痛みを感じなくなる。

ドーパミンはギャンブル、アドレナリンは格闘技で放出されると言えば分かりやすいでしょうか。

ギャンブルがやめられない人は、言っちゃえば習慣化してるってことですよね。つまりドーパミンが出てるんです。

しかし、毎日毎日格闘技をしたくてたまらなくなる人は少ないはず。

勉強を継続させるにはドーパミンをうまく使うのが重要なんです。

勉強をした日をカレンダーに印をつけるなどをするといいですね。その積み上げがドーパミンを分泌させます。

諦め癖を直す方法を詳しく解説した記事もあるので、チェックしてみて下さい。

勉強を習慣化するコツ

勉強を習慣化するコツ

さて、次は実際に勉強を習慣化するコツをお教えします。

  • やめるべき習慣と続けたい習慣を把握し、環境を整える
  • パーツに分ける
  • スタートのハードルを軽くする
  • 習慣を連結する

解説していきますね。

やめるべき習慣と続けたい習慣を把握し、環境を整える

勉強習慣をつけたいとしたら、まずは今までやっていたやめるべき習慣を見直そう。

  • ゲームを毎日やってしまう
  • ご飯を食べたらついついテレビを見ながらゴロゴロしてしまう
  • 気がついたらYouTubeを見てしまう

こういった習慣を消しちゃいましょう。

ただ、すでに習慣化されている行動なので「はい!やめました!」とはいかない。

ここで僕がお酒をやめた話をしてみますね。

– 自分語り開始 –

僕は前職でサラリーマンをしていたんですけど、それが中々ハードだったんです。

1時間以上の長時間通勤、一向に慣れない仕事などでストレスもたまり、お酒をよく飲むようになりました。

最も飲んでいた時は、会社からの帰りにコンビニによりビールを買い、家の駐車場に着いた瞬間にプシュっと開けてそのまま車の中で飲み切っちゃうくらい。

このままじゃダメだなあと思いつつも、やはりお酒を飲んでしまう。

そんな僕がお酒をやめられた秘訣は「退社」と「コンビニに寄るのをやめた」です。

会社というストレッサーから離れたので、ストレス解消をする必要も無くなりました。

コンビニに寄るのをやめたので、物理的にお酒を買えなくなりました。

原因と悪習慣を断つことで、アルコール断ちに成功しました。

– 終わり –

僕はこんな感じで日常的なお酒をやめました。飲み会は好きなので、禁酒ってわけではありませんが、一人では飲みません。

ここでポイントなのが、「お酒を断つ」ということだけに注力したこと。

別にお酒を飲まないようにして何かをしたわけじゃないんです。

「YouTubeを見るのをやめて勉強したい!」という気持ちが続かないのは…

  • YouTubeを見るのをやめるという「嫌なこと」をしている
  • 勉強するという「嫌なこと」をしている

このように、二重で嫌なことをするので成功しないんです。

皆さんも、まずは悪習慣をやめることから始めて下さいね。

やりたいことをパーツに分ける

次に、やりたいことはパーツに分けます。

勉強を習慣化したいなら、習慣化するべきものは勉強だけではないんです。

  1. 重い腰を上げて椅子に座る
  2. ノートや参考書を開く
  3. 実際に勉強する

勉強だったらこの3ステップに分かれます。やろうとすれば、もっと細分化できる。

なので、1の「椅子に座る」から習慣化していけばいいです。

椅子に座るのが簡単になったら「ノートや参考書を開く」を習慣化、そうなったら実際に勉強を習慣化すればいい。

こう考えると、本当に習慣化するべきは「勉強」ではなく、単に「椅子に座る」なのかもしれませんね。

スタートのハードルを軽くする

次はスタートのハードルを低くする。

習慣化に最もキツいのが、「勉強をしよう!」と意思を持って実際に行動に移すことだと思います。

勉強の負荷ではなく、意思を行動にする操作がキツいんです。

例えば、1日5分を毎日続けるだけで簡単ダイエット!みたいなのよくありますが、これでも続かない人が大勢いるのが事実ですよね。

問題は、ダイエットの負荷ではなく、ダイエットに移るハードルなのです。

勉強のスタート(椅子に座る)のハードルを低くするには…どうしましょう。

机の上に教科書を広げっぱなしにするとか、家に帰っても楽な服装に着替えないとか、オリジナルな方法を編み出して下さい。

習慣を連結する

最後に、習慣を連結させましょう。

今やっている習慣に、勉強する習慣をミックスさせるんです。

  • 朝起きたら顔を洗う
  • 寝る前に歯を磨く
  • 玄関を出る前に鏡を見る

こんな感じで勉強を習慣にくっつけると…

  • 家に帰ったら勉強をする
  • 風呂から上がったら勉強をする
  • 朝起きたらコーヒーを飲みながら勉強をする

こうなりますね。

僕は朝起きたら顔を洗って、コーヒーを入れて、飲みながらニュースのチェックをするのが日課になっています。

このように、習慣をグループで考えるのはとても有効なので意識してみましょう。

まとめ

勉強の習慣化のコツ

社会人に向けて、勉強を習慣化する方法を解説しました。

簡単にまとめますね。

  • やめるべき習慣と続けたい習慣を把握し、環境を整える
  • パーツに分ける
  • スタートのハードルを軽くする
  • 習慣を連結する

どうしても勉強が習慣化できないと嘆いているあなた。

勉強の習慣化って、実はかなりハードルが高いですよ。

しかし、そのハードルを乗り越えた効果は絶大なので、ぜひ最初の一歩を踏み出しましょう!

なお、この記事は様々な本を参考・吸収してまとめました。

特にすぐやる、続ける、やり抜く力はマイナーですがオススメ。

kindle Unlimitedなら月額980円で上の本を含め、様々な本が読み放題なので、ぜひ登録してみてください。

スマホからも読めます。

最初の30日間は無料期間なので、「登録→本を読む→無料期間(30日以内)で解約」をすればお金もかからないです。オススメ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました